しっかりと専門技術が学べます

ペンタブレット

グラフィックデザインを勉強する学校は色々あり、たくさんあるコースから自分に合ったものを選ぶ必要があります。そのためには、それぞれの学校について特徴をよく知っておかなければなりません。もし専門的にグラフィックデザインを学びたいのであれば、専門学校へ行く方法があります。専門学校の場合、入学試験は実技や面接だけというところが多いです。また、専門学校は大学や短大とは異なり、普通の学科の授業があまりない分、実技に時間をかけられる時間が多いという特徴があります。また、歴史のある専門学校なら専門の技術をしっかり覚えられるため、歴史の浅い大学より有利といえます。デザインの現場は実力主義であるため、専門学校で技術をしっかり身につけると良いです。

何故評判が良いのか

ペンタブレット

グラフィックデザインの現場で新しい風を起こしている人たちの中には、専門学校出身というケースも少なくありません。早くデザイナーとなって現場で学びたいという人であれば、実践的な技術に絞ったカリキュラムがある専門学校が良いです。教わる内容でいえば、大学よりも専門学校になるほど、より現場の仕事に近いことを教えてくれます。そのため専門学校の方が、グラフィックデザイナーとして活躍する近道であるという声もよく聞かれます。何故、専門学校の方が実践的なことを学べるかといえば、教える先生たちがプロダクションのグラフィックデザイナーであること多いからです。卒業してすぐにアシスタントとして、仕事ができるような内容を教えてくれるのでとても評判が良いです。もし自分が目標にしているデザイナーが講師をしている学校があれば、そこに入学してみるのも1つの方法かもしれません。有名なデザイナーであるほど、どこの学校に在籍していることが多いです。その人たちから学ぶことで、制作の秘密などが分かるでしょう。

気になる費用はどれくらいか

ペンタブレット

グラフィックデザインを学ぶために各地の専門学校を探している人も少なくありません。ところで、専門学校選びでポイントの1つになるのが学費です。専門学校全体で見てみると、初年度では入学金と授業料とその他の費用を含めて平均約120万円必要です。ただ、デザイン系の専門学校では最新の機材を必要とするため、これよりも高くなる傾向であり、平均で約150万円はかかるといわれています。そのため、デザイン系の専門学校に入学するならば、まとまったお金を用意しておく必要があります。納入金に不安がある人は、学校独自で行っている特待生制度や奨学金制度などを調べておくと良いです。また、銀行などの金融機関の教育ローンなどの制度を利用する方法もあります。