HOME>アーカイブ>グラフィックデザイナーになるために必要なもの

大学選びの基準

ペンタブレット

グラフィックデザイナーを目指す場合、必須となる資格は特にありません。しかし、大学や専門学校でグラフィックデザインを学んでおくと就職活動において有利に働きます。美術系の大学であればデザイン全般に関して学べるのはもちろんのこと、一般の大学でもグラフィックデザイン科を設けているところはあります。大学を選ぶ際は、授業のカリキュラムをよく確認しておきましょう。少人数体制での授業であれば直接的に指導を受けられるため、グラフィックデザインに関して徹底的に学ぶことができます。デザイン科と銘打っていても授業内容は大学によって多少異なるため、授業の内容を把握しておくことも大切です。

デザイナーに必要なスキル

描く人

グラフィックデザインを仕事にする際には、デザインセンスはもちろんのことデザインソフトを使いこなす技術も必須となります。グラフィックデザインに関して学べる大学であれば、デザインソフトの使い方を学ぶ授業が受講できるのがほとんどです。独学であっても、近年ではデザインソフト操作の解説書が多く販売されているため学習しやすいといえます。実際に使ってみなければわからないこともあるため、職場で利用する機会があれば仕事をしながら技術を身につけていきましょう。

仕事で活躍するためにすべきこと

ペンタブレット

デザイナーとして活躍し続けるためには、グラフィックデザインの高い技術のほかに、視野を広げる努力が必要になります。近年においては、デザイン対象は紙媒体のみならずインターネットや電子書籍にまで広がっています。日々進化を遂げていくメディア展開についていくために、視野を広く持つことを常に意識し流行に敏感になっておくことが大切です。インターネットなどのIT分野が苦手な方も、グラフィックデザイナーとして活躍したいなら基本的な知識を身につけておきましょう。