HOME>記事一覧>デザインを勉強するならば、どのような種類があるかを調べておく

乗り物などでも使われる

グラフィックデザインといえば、パソコンで作るデザインを意味していると認識する人は多いです。しかし、グラフィックデザインは何もパソコンで作るものばかりではありません。なぜなら1930年代にはすでに、グラフィックデザインと呼ばれる言葉が出来上がっていたからです。当時は当然デザインをするにしてもパソコンはありませんでしたので手書きでデザインをしたものです。このように歴史は古いですが、最近では様々なものにするグラフィックデザインを用いるようになりました。例えば鉄道や飛行機などをデザインするときもグラフィックデザインと言えます。このレベルまで達するのは難しいですが、本格的に勉強をするが目指すことも可能です。

身近なものからデザインをする

グラフィックデザインといっても、身近なものならば、誰にでもデザインをすることが可能です。例えば本の表紙などもグラフィックデザインによって作り上げることができるでしょう。もし将来そのような仕事に就いたならば、魅力的なデザインを考えてみましょう。

パソコン上でもデザインが必要

最近はホームページやブログなどを作っている人は多いですが、これもデザインがとても重要になります。グラフィックデザインがすべてではありませんが、少なくともデザインが優れていることにより多くの人を集めることは可能になります。